ABOUT

WORKS

PROFILE

Fumiya Fujii

藤井フミヤ プロフィール

1962年
福岡に生まれる。
1993年
藤井フミヤ初のコンピュータグラフィックス展『FUMIYART ~TAKE A BREAK~』を全国 9都市にて開催。作品テーマは「未来の宗教画」。
1994年
MAC WORLDに出展。
1995年7月
『FUMIYART 2』を全国7都市にて開催。作品テーマは「宇宙建築」。
1995年9月
ニューヨーク・ソーホーにて『FUMIYART 2 in New York』を開催。初の海外での個展となる。
1996年9月
長野オリンピック冬季大会、IOC公認のカウントダウンTシャツのデザインを手掛ける。大会当日までの残りの日数を刻んだTシャツで、 500〜401日前までのデザインを担当。
1996年
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントとプロデュース契約。
1997年6月
ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレイステーション用ゲームソフト《3Dカレイドスコープ『BABY UNIVERSE』》を発表。プレイステーション用のソフトとしては初のイメージ・ソフトであった。
1997年11月
パリ・マレ地区にて『FUMIYART 3 in Paris』を開催。作品テーマは「DIGITAL MASTURBATION」。
1998年4月
初の作品集「FUMIYART」を扶桑社より刊行。アート・ブックとしては記録的な初版1万5千部。
1998年5月
東京•青山スパイラルホールにて『FUMIYART 3』を開催。
1998年5月
『FUMIYART 3』に続き、『FUMIYART 2000』を箱根・彫刻の森美術館をはじめとする全国12都市にて開催。
1999年10月
静岡県コンペティションアーツセンター・GRANSHIPにて『FUMIYART GRANVOYAGE』をプロデュース、開催。『量産型人口バクテリア アダムとイブ』を発表。
2001年5月
東京にて『KIRIE』を開催。作品テーマは「CG+CRAFTWORK」。
2002年10月
ニューヨークにて2度目の個展『FUMIYART from TOKYO』を開催。
2003年7月
アート活動10周年を迎える。東京にて『KIRIE HARIE』を開催。「CG+CRAFTWORK」の第2弾『HARIE』を発表する。
2003年10月
『FUMIYART』と題し、10周年の集大成ともいえる大規模な全国巡回展を開催する。出展作品100余点。
2005年3月
愛知県で開催された日本国際博覧会(愛・地球博)において名古屋市のパビリオンである「大地の塔」を総合プロデュース