会期
2019年10月24日(木)~ 11月24日(日)無休 (11月9日(土)を除く)
09:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
ハーモ美術館
〒393-0045
長野県諏訪郡下諏訪町 10616-540
>> 地図 (GoogleMap)
TEL:0266-28-3636(ハーモ美術館)
入場料
一般・大学生 800円、小・中・高校生 400円
後 援:
長野県、長野県教育委員会、下諏訪町、下諏訪町教育委員会、朝日新聞長野総局、毎日新聞長野支局
読売新聞長野支局、中日新聞社、信濃毎日新聞社、長野日報社、市民新聞グループ(7紙)
SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、LCV、FM長野
協 力:
株式会社アートオブセッション
企 画:
株式会社エフエフエム、株式会社アートオブセッション
主 催:
公益財団法人ハーモ美術館

1993年、ミュージシャンの藤井フミヤは、初個展「Fumiyart-Take a break」を開催し、CGアーティストとして衝撃的なデビューを果たし、その後2003年には「FUMIYART」展を開催して大反響を博しましたが、これを機に画家としての活動を休止しました。そして、今年、ふたたび藤井フミヤは画家として、16年間の沈黙を破り個展を開催します。新作を含む約60点の作品を発表する、満を期しての展覧会です。

本展ではまず、1993年に全国9か所を巡回した初のコンピューターグラフィックス展「Fumiyart-Take a break」で発表したCGアート、2003年に発表した線画、カッターを駆使した「ハリエ」や「キリエ」等を出品、Fumiyartの原点に遡り、これまでの画業を振り返ります。それらは時を経てなお新鮮で見る者を限りなく引き付ける力があります。

さらに今回、注目されるのは、絵筆やペンを駆使した初公開のアナログ作品です。硬質なボールペンを用いた線を無数に集積させる藤井オリジナルの技法で制作されたペン画、19世紀末ウィーン分離派の画家クリムトの絵画に触発され、装飾的な空間の中に精緻なタッチで女性像を描いた油彩画、うずくまったポーズの女性をアクリルや水彩で描き、新しい肉体美の世界を追求した「コーナーの女」シリーズ、針金を折り曲げて制作した女性像など、多彩な技法を用いた近作、新作を出品します。時に甘美なエロティシズムが香り、時にファンタジックな夢想を喚起させる藤井フミヤのアナログ作品の多様さは、まさに驚異の連続です。

藤井フミヤが創造する世界、それは、まさに人間の叡知とコンピューターが創りあげる新しい芸術の境地と、職人的とも言える細密表現や肉筆表現で創るアナログアートの世界です。デジタルアートの先駆者 藤井が、いまアナログ世界に夢中になっていることは、創造の原点はアナログにあることを啓示しているのかもしれません。

藤井フミヤの想像新世界「THE DIVERSITY」をご堪能ください。

PROFILE

Fumiya Fujii

藤井フミヤ プロフィール

1962年
福岡に生まれる。
1993年
藤井フミヤ初のコンピュータグラフィックス展『FUMIYART ~TAKE A BREAK~』を全国 9都市にて開催。作品テーマは「未来の宗教画」。
1994年
MAC WORLDに出展。
1995年7月
『FUMIYART 2』を全国7都市にて開催。作品テーマは「宇宙建築」。
1995年9月
ニューヨーク・ソーホーにて『FUMIYART 2 in New York』を開催。初の海外での個展となる。
1996年9月
長野オリンピック冬季大会、IOC公認のカウントダウンTシャツのデザインを手掛ける。大会当日までの残りの日数を刻んだTシャツで、 500〜401日前までのデザインを担当。
1996年
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントとプロデュース契約。
1997年6月
ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレイステーション用ゲームソフト《3Dカレイドスコープ『BABY UNIVERSE』》を発表。プレイステーション用のソフトとしては初のイメージ・ソフトであった。
1997年11月
パリ・マレ地区にて『FUMIYART 3 in Paris』を開催。作品テーマは「DIGITAL MASTURBATION」。
1998年4月
初の作品集「FUMIYART」を扶桑社より刊行。アート・ブックとしては記録的な初版1万5千部。
1998年5月
東京•青山スパイラルホールにて『FUMIYART 3』を開催。
1998年5月
『FUMIYART 3』に続き、『FUMIYART 2000』を箱根・彫刻の森美術館をはじめとする全国12都市にて開催。
1999年10月
静岡県コンペティションアーツセンター・GRANSHIPにて『FUMIYART GRANVOYAGE』をプロデュース、開催。『量産型人口バクテリア アダムとイブ』を発表。
2001年5月
東京にて『KIRIE』を開催。作品テーマは「CG+CRAFTWORK」。
2002年10月
ニューヨークにて2度目の個展『FUMIYART from TOKYO』を開催。
2003年7月
アート活動10周年を迎える。東京にて『KIRIE HARIE』を開催。「CG+CRAFTWORK」の第2弾『HARIE』を発表する。
2003年10月
『FUMIYART』と題し、10周年の集大成ともいえる大規模な全国巡回展を開催する。出展作品100余点。
2005年3月
愛知県で開催された日本国際博覧会(愛・地球博)において名古屋市のパビリオンである「大地の塔」を総合プロデュース